スペースシャトルの終焉

1977年に始まったNASAによるスペースシャトル計画は、今年の7月8日に135回目の飛行にあたる最後のシャトルを飛ばして、その30年に及ぶ任務を完了しました。

[空所A~Fを聴き取りましょう。]
Over a three-decade history, five different shuttles have launched and ( A ) numerous satellites, conducted thousands of space science experiments, and served as a platform for ( B ) spacewalks to construct and service the $100 billion International Space Station.
(30年に及ぶ歴史の間、5機の異なるシャトルが数多くの人工衛星の打ち上げと回収を行い、何千もの宇宙科学実験を行い、総工費1,000億ドルの国際宇宙ステーションの建設、修理のため行う数え切れない宙遊泳の乗降口の役割を果たしてきた。)

このように宇宙開発のみならず、様々な科学的発展に貢献してきたスペースシャトル計画ですが、全てが順調だったわけではありません。1986年にはスペースシャトル・チャレンジャーが離陸してわずか73秒後に爆発・分解し、乗組員7名全員が死亡するという悲惨な事故がありました。また、ご記憶の方も多いと思いますが、以下の事故もありました。 続きを読む

家庭菜園ブーム

景気後退期に始まったアメリカでの家庭菜園ブームが景気が回復に向かっても続いているそうです。

(1)[空所に指定文字で始まる適語を1語入れましょう。]

Many of the millions of people who turned to gardening to (s  ) (m  ) during the recession appear to be (sti  ) (w  ) it during the recovery as food prices remain high and interest in safe, fresh and local food grows nationwide.

(景気後退期にお金を節約するために家庭菜園を始めた何百万人もの人々の多くが、食料品の価格が依然高く、安全で新鮮な地元食品への関心が全国的に高まる中、景気回復期にも家庭菜園を続けているようだ。)

なるほど、背景には食料品の値上げだけでなく、食の安全や地産地消などへの関心の高まりもあるということですか。

さらに政府による国民への栄養指導も後押ししています。

続きを読む

アル・カポネの拳銃

アル・カポネは20世紀初頭のアメリカ、シカゴの暗黒街のボスで、多くの人々を殺したことで有名ですが、そのアル・カポネが使用していた拳銃がオークションに出されました。

[空所A~Eを聴き取りましょう。]

And this was Al Capone’ gun. It’s a Colt .38, which was only ever ( A ). The auction of this piece of American history is likely to cause a ( B ) amongst collectors.
(そしてこれがアル・カポネの銃でした。コルト38で、彼だけが使ったのです。アメリカ史に残るこの品物のオークションはコレクターの間で熱狂を引き起こしそうです。)

ということで、有名人のものなら、それが犯罪に使われたものでも収集家の注目を集めるのでしょう。ある銃器の専門家は言います。

  続きを読む

A Brief History of Starbucks

スターバックスといえば、「スタバ」という略称で日本でもお馴染みのコーヒーチェーン店ですが、なかなか面白い歴史を持っています。

[空所A~Eを聴き取りましょう。]

Opened in 1971 by three partners, it ( A ) only sold high-quality coffee beans and the proper ( B ).
(1971年3人のパートナーで開業され、もともとそれ(=スターバックス)は高品質のコーヒー豆とそれにふさわしい器具を売るだけだった。)

場所はシアトル。そして創業者3人の中に、スターバックスを世界的企業に押し上げたHoward Schultz氏は含まれていません。彼は1982年に店舗運営、マーケティング部門の幹部として同社に雇われます。ミラノで人々が街中でおしゃれにコーヒーを楽しむ様子に触発されて、彼はアメリカにもイタリア風コーヒー文化を広めたいと提案しますが…

続きを読む

ある食品添加物の効用

々が毎日食べる食品には様々な添加物が使われていますが、その一つにセルロースがあります。

(1)[空所に指定文字で始まる適語を1語入れましょう。]

One of an array of factory-made (a  ), cellulose is increasingly used by the (p  )-food industry, producers say.
(セルロースは工場で作られる数多くの一連の添加物のひとつで、加工食品産業で使われる頻度が増している、と生産業者は言う。)

セルロースの使用が増えている理由は、これを使うと、食品を安定させ、脂肪分の代わりとなり、繊維含有量を増やし、そして価格が上がっているオイルや小麦などの原材料を減らして食品を作ることができるからです。

さらに、中国やインドなど人口が多く急激に発展している国々で加工食品の需要が増していることや、低脂肪や無脂肪であるけれども口当たりの良い食品を消費者が求めていることもセルロースの人気の背景にあるようです。

重量当たりの単価は高いですが、ほんの少し食品に加えるだけでよいので、結局食品全体の価格を下げることができます。

ところで、セルロースの正体はいったい何だと思いますか。実は木材のパルプなどの植物性繊維なのです。

続きを読む