CEL英語ソリューションズ_メニュー ご入会アクセスお役だち情報書籍会員サービス CELオンラインショップ トップページ学校案内レギュラーコースイベント・セミナーFAQ

CEL受講生の体験記

2017年度通訳ガイド(通訳案内士)国家試験合格者からのメッセージ


CELで日本の文化と歴史の奥深さを学びました

 川合 泰さん (通訳ガイドコース受講)


<通訳ガイド試験受験の動機>

 私は、(1)英語を使う職場での勤務を希望し、(2)訪日観光客に今迄の経験を活かし、観光のお手伝いをしたい考えた事、(3)健康である限り年齢に関係なく働ける事、以上の志望を満たすものが「通訳ガイド」と考え、受験しました。

<暗記ではなく、好奇心が大切>

 CELの通訳ガイドコース説明会に参加して、江口先生の試験勉強への取組みとして「課題を暗記するのではなく、好奇心を持って臨めば習得できる」との趣旨のご説明に惹かれ、CELに入学致しました。1年間を通じて、先生の博学多才には、いつも大変印象付けられました。

<鍛えられた「日本事情コース」での江口先生との質疑応答>

 「日本事情コース」では、教材とは別の質問を外国人旅行客からの突然の質問ととらえ、いつもどの位顧客を満足させる事が出来るのかと思いつつ、気を引き締めて授業に出席しました。回答の主語を考えるうちに時間が経過、単語が思い出せず言葉に詰まる、文法に気を取られ説明が途切れる、的外れの回答等で落胆し、稀にたまたま上手く言えたと思う瞬間等も体験し、良い練習の機会で忘れられない授業でした。

<CELの充実した教材をフルに活用>

 私は、全科目CELの教材に集中し、それ以外の教材は利用しませんでした。日本歴史・日本地理・一般常識の教材を何度も見直し、問題を解き復習をしました。また「新・英語で語る日本事情」は常に携帯し、書き写し・音読・CD聴取・口述試験を想定した要点抜粋の見直し等を繰り返しました。学習にあたり、好奇心が湧いた分野は背景を調べ、それらが英語から日本歴史・日本地理・一般常識分野への広がり、また関連付けを行い、全体像の理解に努めました。また、課題関連の新聞や雑誌記事は切抜き保存し、内容理解の深化と定着に努めました。

一次筆記試験会場入口でのCELの皆様からの励ましの握手は、忘れられない思い出です。

<暖かなCELの皆様のサポートに感謝>

 二次試験前の1ヶ月間、週に2〜3回のペースで届いた曽根先生の「合格に向けて」のメール、更に二次試験前日にいただいた、講師の皆様からの励ましのメールには、とても力づけられました。約1年に及ぶ受験勉強を思い起こせば、短いような長いような期間でしたが、素直な気持ちでメールは嬉しく「頑張ろう」との気持ちが湧きました。

 本番の二次試験では、授業で学んだ事を冷静に話せば済んだものを、上滑りになり、言い忘れや適確な英語表現が出来ず、後悔のみでした。しかし、CELでの学習のお蔭で、日本文化の多面的な知識を習得していた為、試験官の質問に不完全ながらも、しっかりと対応することは出来ました。

最終結果発表日に、CELから合格通知メールを頂いた時は、本当に驚きで、複数回にわたって自分の受験番号を再確認し、徐々に合格の実感が湧いてきました。

 年間を通じ、江口先生を始めの先生方、田中さん始めサポートスタッフの皆様、模擬面接クラスのCEL卒業生通訳ガイドの先輩方のご支援、本当に有難う御座いました。通学は貴重な経験で、また国際性と若さが感じられる高田馬場の雰囲気も好きになりました。何より、今迄何とは無しにやり過ごしていた日本文化や歴史の奥深さに気付き、好奇心が湧きました。これらを深化させ立派な通訳ガイドになる事が、今後の課題と捉えています。皆様の応援に重ねてお礼申しあげます。