会員サービス
インターネット授業はこちら

CEL特別セミナー意外と知らない着物の話

意外としらない着物の話



早坂伊織氏

 着物(和服)は言わずと知れた日本人の民族衣装。女性でも男性でも、着物を着ると、なんだかシャキッとするし、特に外国人の注目の的になった経験のある人も少なくないかもしれません。
 グローバルシーンでの日本人の勝負服である着物のことを、しっかりと理解して、外国人にも説明できるようになるために、着物の伝道師の早坂伊織さんをお迎えしました。着物のすべてを知り、今後の人生で着物を楽しめるようになる絶好の機会です。

 江口裕之との「着物よもやま話」対談コーナーもあります。2人とも、もちろん着物で登場します!

  <内容>
* 国語・・・「日本人と着物用語」
* 算数・・・「着物の数字にまつわるはなし」
* 理科・・・「着物を科学する」
* 社会・・・「日本社会の中心にはいつも着物がある」




お電話(03-5291-1820)またはEmeilでお申込ください

Eメールでのご予約>> メール送信フォーム をご利用ください。
ご用件欄に「イベント等お申込」を選択し、メッセージ本文欄に(1)イベント名 (2)ご氏名 (3)フリガナ (4)ご連絡先(ご住所・お電話番号)(5)受講スタイル※1(会場/Zoom/通信のいずれか) をご記入ください。後日当校より確認メールを送信いたします。

※1 会場以外の受講形態がある場合。提供形態(Zoom/DVD/Internet※2)はイベント・セミナーごとに異なります。詳細欄でご確認ください。 受講形態に関して詳しくはこちらをご覧下さい>>

※2 Internet通信受講は、録画ビデオによる受講です。会場実施日の約1週間後に受講のためのIDとパスワードをお知らせします。なお、ストリーミング配信ですので動画/音声コンテンツをPC上に保存することはできません。




早坂氏著書 早坂 伊織氏プロフィール

1962年広島市生まれ。男性和装ビジネスの総合プロデュースを手がける着物伝承家。 「オフィス早坂」代表。少年期よりきものを愛用し、現在 は生活の全てをきもので過ごす。 コンピュータメーカーのSEを経て、きものビジネスの拡大およびきもの 文化の伝承に力を入れるべく独立。きものに関する執筆・講演、商品プ ロデュースなどを幅広く行なっている。

2013年6月、日本橋人形町に男性和装専門店「男のきものスクエア IORISQ(イオリスク)>>」をOPEN。 従来の着物店とは異なる視点で、男のホビーショップとして注目を浴びている。

日本初の男性和装ホームページ「男のきもの大全>>」主宰(1997年開設)。 「日本きもの学会」副会長。 著書に『男、はじめて和服を着る』(光文社 新書)、『ビジュアル版 男のきもの大全』(草思社)

  

参加者の感想

2015年4月実施
  • まだ着付けを習い始めたばかりなのですが、幼い頃から着物を着る機会はあり、テーマが面白そうでしたので、今回受講させていただきました。とても面白かったです。言葉の意味や由来が少しだけわかって、とても興味がわきました。有難うございます。逆に夫はほとんど着物を着ないのですが、これからは着てもらう機会を増やしてあげたいと思いました。色々お勉強になりました。本も読ませていただきたいと思います。有難うございました。
  • 貴重なお話を有難うございました。男性の着物という観点で考えたことはなかったのですが、まったく知らないことばかりだったので大変良い機会となりました。基本的なことがわかったとともに、着物への興味がわいてきました。また江口先生との対話も、通訳ガイドの現場に役立つ内容のお話でとても興味深く、将来活用して通訳ガイドとしてうまく伝えることが出来ればと思いました。また機会がありましたら、着物の学び方に関するアドバイスやセンスの良い選び方などもプレゼンして頂けると嬉しく思います。また次の機会にもよろしくお願いいたします。
  • セミナー室へ入ると早坂様も江口先生も素敵なお着物姿でいらして、はっといたしました。レクチャーの内容も国算社理の教科に分け、とてもテーマがわかりやすく、楽しく拝聴いたしました。特に私の苦手な「算数」は興味深く、なぜ帯が4m以上も必要なのか?や、尺貫法についてのお話は大変為になりました。「理科」のいちようの葉の防虫剤も、今年是非試してみたいと思います。有難うございました。
  • 普通に知ることが出来ないお話で本当に勉強になりました。本当に有難うございました。
  • 私は鉄道関係の仕事を以前していましたが、レールとマクラギをつなぐ金具を締結装置といっていたその意味が良く分かりました。締める:簡単に解けないようにする。結ぶ:簡単に解けるようにする。両方の意味を持っていることを知りました。今日のお話を聞き、是非着物を着てみたいと思いました。着物を着る機会をどのように増やしていくか、ちょっと考えてみたいと思いました。
  • 防虫剤にイチョウの葉が良いとは知らなかった。以前東苑園のボランティアの方がクスノキが多いのが空気をきれいにするのに役立っているというのを思い出しました。帯は長すぎると思っておりましたが、意味があったのですね。着物を見直しました。へーの連続でした。
  • 最近着付け教室に通い始め、着物について関心を持ち始めたところだったので、本日参加させていただきました。知らない、知らなかった数多くのお話を伺えてとても興味深いものでした。有難うございました。
  • ここのところ、通訳ガイドの勉強で着物を着ていません。着物を着たくなりました。通訳ガイドになったら是非着物で活動したいと思います。心と時間の余裕が出来たら、いえ作って着物を着続けていこうと思います。イチョウの葉はこの秋、是非防虫剤に使ってみます。先日富岡製糸場にいってきたばかりなので最後のお話はジーンときました。あそこも軍事工場になってしまったのでしょうか。日本人として着物文化を大切にしていきたいです。
クリックで拡大 2012年11月実施
  • 普段なじみの薄い和服について、トリビア的な知識も含め、いろいろ興味ぶかいお話がきけました。ありがとうございました。後半のトーク形式のやりとりは、前半のレクチャーの内容を、やわらかく展開されていて楽しかったです。
  • 今日は興味ぶかいお話、ありがとうございました。着物自体のこともおもしろいお話がいろいろありましたが、あるトピックを話すときに、4教科という多角的な観点から語るというのが心に残りました。これから物事を説明するときに『4教科』を活用したいと思います。
  • はじめて聞く情報がたくさんあって驚きながらも有難かったです。女性版早坂さん的セミナーがあったら嬉しいです。今日のプログラムでは算数,理科が特に面白かったです。
  • 本日はありがとうございました
  • 着物に対する意識が180度変わりました。またイチョウの効果にも注目しました。まずは購入をして、是非観劇のときまで、また普段でも着て見たいと思いました。自分の着物に対する考えが今日から変わりましたので、さっそく実行に移したいと思います。本日はまず、本を購入するところからはじめたいと思います。
  • 興味深いお話をありがとうございました。先生のお話を伺い、着物を着ることへのバリアが低くなりました。
  • クリックで拡大
  • 本日は着物に関して興味があったので参加してみましたが、イチョウの話ですとか、着心地の話はとても興味深く、もっと着物に関して知りたいと思いました。ぜひとも着物にチャレンジをしたいと思います。
  • 普段聞けない貴重な和服の話を、大変有難く思い拝聴いたしました。スーツの仕立ての世界と比べながお聞きしましたが、大変面白かったです。Fashionではなく、自分のStyleとして和服デビューしたいと思いました。
  • 着物の知識が増えて大変ためになりました。
  • 着物についての知識が深まりました。これまで関心がありながら、知る機会がなく、今回は貴重なお話をありがとうございました。
  • とてもためになりました。イチョウの葉を防虫剤にする話は興味深かったです。もっと気軽に着物を楽しんでみたいと思いました。
  • 着物を特別なものとしてではなく、日常的に着ていますが、大変共感できる部分が多く、また新しい知識も得られる有意義なお話をありがとうございました!
  • 四科目全部目からうろこのお話ばかりで、大変楽しかったです!ありがとうございました。

  • 着物はまだ一枚も持っていないので、着る機会がなかったためにそろそろと思っていました。意外と知らないどころか初歩的な知識も乏しかったので、本日の「国語」「数学」「理科」「社会」に、と分けてアプローチしていく説明は大変役に立ちました。今後私自身も少し研究をしつつ、是非一枚を持ちたいと思っております。
  • 本当に知らないことだらけでした。着物は敷居が高いと思い続けてきましたが、これを機にぜひ、着物にトライしてみたいと思いました。もっと気楽にそしてなれることが大切、他の物事と同じですね。いいお話をたくさん伺えて大変貴重な時間でした。ありがとうございました。今後も日本の伝統文化が、どんどん日常文化として広がっていけばと願っております。

  • 楽しいお話をありがとうございました。おっちょこちょいの私は男の着物のセミナーだと早合点してきてしまいましたが、楽しくお話を聞かせていただきました。男の着物の着方や男性の羽織やひもの結び方、男の順番や補正のことなどなど、次回はまたいろいろと教えてください。女性と男性の着物の違いにとても興味があります。よろしくお願いします!
  • 「着物」和服に関するさまざまな知識を知る良い機会となった。特に装うことに意味で通訳案内士の仕事?TPOも応じた“装い”のヒントがあると思いました。さらに心構え、態度、?も?できるヒントに豊んでいたと思います。
  • 着物の似合う日本人女性をめざして頑張ります。着物を着ると美しくなれる気がします。おしゃれしなきゃなーと思いました!

「片ばさみ」という帯の締め方だそうです。(モデル江口裕之)


江口裕之と楽しく対談くださいました。