ご入会アクセスお問い合わせ・資料請求お役だち情報アーカイブ書籍会員サービストップページ学校案内レギュラーコースイベント・セミナーFAQ
通訳ガイド試験合格者の声
<2003年度通訳ガイド国家試験合格者からのメッセージ>


通訳ガイド試験合格者の声 英語力上達はもちろん、博学にしてくれたCELの授業

三浦 美佐子さん (Internet受講)

 学生時代に英検準1級を取り、社会人になってから初めて受けた英検1級は手も足も出ず不合格。その後は、外資系の会社で受付や秘書の仕事をするかたわら、何年か前から年1回ずつくらい1級を受験していましたが、いつまでたっても合格できません。会社で使う英語は、上司との日常的なやり取りなどですので、それだけではまったく英語力は向上しなかったのです。会社で翻訳などをばりばりこなす人を横目に、将来、自分も英語を使った仕事ができればよいなあと言う思いが募るようになり、CEL に入学して真剣に勉強することにしました。

<英検1級>

 CEL の英検1級コースの授業は、前半が模擬試験で、後半が江口先生の解説授業です。オリジナルの模擬試験は本試験とまったく同じ形式なので、鍛えられました。また、問題で取り上げられる英文の内容がおもしろく、江口先生の魅力的な授業とあわせて、楽しく勉強を続けることができました。

 おかげで、CELで勉強をはじめて1年で、これまで何回受けても合格できなかった英検1級の1次試験に、晴れて合格することができました。

 次は、2次試験対策の勉強です。Dan先生の1級2次対策の模擬面接の特訓は、とても厳しいものでしたが、今思うとたいへんためになりました。英語でのスピーチのイロハも知らない私でしたが、スピーチの組み立て(body)の基本から始まって、効果的かつ印象的なスピーチの仕方まで、逐一丁寧にご指導いただけたのは、ほんとうに有り難かったです。その成果は、1次試験にも増して難関と言われる2次試験に、1回目の受験で合格と言う最高の形で表れました。

 このCELでの1年間の、英検1級の試験勉強がベースとなり、翌年の通訳ガイド試験合格につながったことは間違いありません。

<1次試験>

 まず、1次試験でもっとも重要な英文読解。江口先生が作られる通訳ガイド1次試験対策用の演習問題は、本試験と比べてもとても難しいです。でも、生徒がくじけることがないようにと、興味をひく内容ばかりを取り上げていただけるので、いやになることはありません。それどころか、予習の時にはどうしてもわからなかった部分や不明瞭だった部分が、江口先生の見事な解説授業で、霧が晴れるように明快にわかり、納得し、心に染み込んで行くのは、「これぞまさに英語の勉強!」と快感ですらありました。

 欧米のメディアに取り上げられている記事を読み込んでいくことで、日本の新聞・雑誌などのマスコミでは取り上げていない世界情勢や国際問題についての実態も理解できるようになり、一気に博学になった気分でした。この江口先生の授業が、2次対策の勉強としてもたいへん有効であったのは、言うまでもありません。

 苦手だった英作文については、短い文章をたくさん練習することで、表現方法のレパートリーが増え、楽になりました。

<2次試験>

 ふだんの2次対策の授業では、日本文化に焦点をあてたトピックが、毎週毎週テーマ毎に決められます。それをしっかりと予習して、週1回授業で話し合うことができたのは、貴重な機会でした。テキストの「英語で語る日本事情」も、自分1人でやっていたのでは、到底すべてをきちんとカバーできなかったと思います。

 1次試験合格後の2次対策Intensive Classには、可能な限り毎日のように参加しました。クラスでは、まず参加する他の受講生のレベルの高さに圧倒されました。そういう優秀な他の受講生の方々がスピーチしている時には、その表現方法や話し方もまたおおいに学ばせていただきました。

 Dan先生の指導は、英検1級2次対策の授業にも増して厳しいもので、回答で間違った箇所は、逐一記録して1つ1つ的確に指摘してくださいます。本番の面接試験以上の緊張感の中で話す訓練を受けることができたのは、試験で役立った以上に、今後、人前できちんと英語を話すための最高の練習となりました。

<3次試験>

 通信受講した江口先生の授業は、家で何度も繰り返し聞いて、頭に叩き込みました。それに加えて、Internetで受験生用の日本史に関連するサイトを見つけては、問題を解いてみるなど、可能な限りの準備をしました。

 地理は、試験直前に暗記、暗記。これしかありません。やれば必ず点が取れるのが地理ですので、短期集中の勉強で充分でした。

<終わりに>

 小さな子ども2人をかかえながらの試験勉強でしたが、こうして、CELのおかげで、とうとう英検1級と通訳ガイド試験の両方をクリアすることができました。早朝子どもが寝静まっている時に集中して勉強したり、週末は夫に子守りを頼んで勉強するなど、家族の理解があったことも幸せでした。今は、素晴らしい指導をいただいた江口先生、Dan先生、そしてCELスタッフのみなさま、ならびに勉強に集中できるよう協力してくれた家族に対して感謝の気持ちでいっぱいです。

 これで、英語のプロになるための土台ができました。今後は、GICSS(通訳ガイド・コミュニケーションスキル研究会)の新人ガイド研修会に参加して、通訳ガイドの仕事が自分に向いているようなら、是非プロとしてやっていこうと思います。

 また、現在自宅で子どもたちに教えている英語塾に加えて、通訳や翻訳の仕事にもチャレンジできるよう、さらに自分を磨いていきたいと、希望に燃えています。