CE通訳ガイドコース卒業生からの活動報告

CELで学べば即戦力

自分の世界を広げてくれたCEL

木脇 祐香理さん (2002年度合格)  

 CELの広告に「本物の英語力」とある。本物の英語力とは何だろう?単に試験 に受かる英語力ではダメなのか?もしも貴方が単なる資格コレクターではな く、実際に通訳ガイドを目指すならば、試験に受かるだけではダメ。合格は出発点にすぎず、大切なのはその先である。CELに通って、通訳ガイドに必要な生きた英語を使いこなす力、いわば「人間力」「日本人力」が身に付いたように思う。CELは「試験合格後」をしっかり見据えた教育を提供していることがよくわかる。

 二次試験対策のクラスも、単なる試験対策に終わらず、通訳ガイドの現場に即した実践的な内容の授業である。参考となる回答例や、的確な表現についてのアドバイスは与えられるが、暗記は禁物。自分の知識と理解と考えを、自分の言葉で表現することが肝要なのだ。クラスでは、実際の試験のように、一定時間、1対1でインタビューされる。試験官役の外国人教師が、こちらの答えに対し、さらに質問を重ねてくる。自分の考えを持っていなくては答えられない。

 自発的に研究せざるを得ない。また、どう言ったら理解しやすいだろうか、喜んでくれるだろうか、と工夫する気が起きてくる。最終的に度胸もつく。他の生徒の答えにも、学ぶこと、啓発されることが実に多い。多人数で、 教師が模範回答を期待するような教室ではこうはいかない。

 通訳ガイドになって良かったと思うのは、何より自分の世界が広がったこ と。まず、日本文化や日本の面白さ、美しさへの理解が深まった。今では、友人に、日本美術や日本庭園の楽しさを語る自分がいる。また、昔は遊びだ、贅沢だ、と我慢していたあれこれを、今は仕事のため、と言い訳しつつ(?)積 極的に楽しんでいる。旅、観光、歌舞伎・能・落語などの舞台、展覧会、書物、篳篥などの習い事、そして美味しい食べ物と酒。通訳ガイドの仕事を通じてさまざまな国の人々と交流できるのはもちろん、通訳ガイドであることが、日本の人々とことばを交わすきっかけとなるのが嬉しい。

 私の人生をかくも豊かなものに広げてくれるきっかけを与えてくれたCELに、本当に心から感謝している。



<<戻る