CE通訳ガイドコース卒業生からの活動報告

CELで学べば即戦力

通訳ガイド資格がもたらしてくれる無限の可能性

中島 泰子さん(2005年合格)

 通訳ガイド試験合格後、新人ガイド研修に参加しましたが、プロの世界の厳しさを実感。自分にはとてもプロの世界は無理だと、合格した喜びは一気に吹き飛び、諦めの境地に達しました。けれども、今まで苦労して勉強してきたことを少しでも何かに生かせたら、という気持ちは残りました。

 そこで、今後の方針を立て直しました。今まで地道にやってきたように、少しずつでも、プロの通訳ガイドに近づけるよう、一年間はボランティアガイドとして、修行を積もうと決心したのです。幸い2003年度から東京シティガイドクラブに所属しており、そこでの活動や、都庁案内のボランティアガイドなどを中心に、自分ができることは何でもお引き受けし、様々な経験をさせていただきました。また、たくさんのお仲間もでき、東京シティガイドクラブには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 それとは別に私には他の夢がありました。「翻訳」です。とてつもない、向う見ずな夢に向かって、「翻訳」の勉強を始めたのです。ボランティアガイドとして様々な活動を楽しみながら、翻訳の勉強という毎日で、一年が過ぎました。

 その間、いろいろな方々と巡り会いましたが、新聞の取材に参加した際に交わした一枚の通訳ガイドの名刺が、なんと翻訳の仕事をもたらしてくれました。思いもかけぬところから、私は齢50才にして、翻訳の初仕事に恵まれたのです。「夢を諦めずに努力していたら、きっとチャンスが廻ってくるのだな」と、あらためて人生学びました。小さなステップですが、自分にとっては感動的な出来事でした。通訳ガイドの国家資格の威力をまざまざと実感することができました。

 こういった経験が重なってきますと、通訳ガイド資格がもたらしてくれる無限の可能性を信じて、今後も自分のできそうなことには積極的に挑戦し、だんだんと自分の守備範囲を広げていこうと、またやる気が湧いてきます。

***【2007年10月追加】中島泰子さんから近況連絡が来ました**********

 その後、1件大きな翻訳を担当する機会に恵まれ、「花柳界」関係のものの英訳を行い、なんとそれが書籍として出版されました。

 また、通訳のほうでは、2007年3月に「浜離宮庭園ガイド」に登録。現在では英語担当ガイドのリーダーになっています。庭園では毎週土曜日の11:00-12:00に外国人向けのツアーが催され、これを担当しています。先日は、特別ガイドの依頼があり、なんとアメリカの某州知事夫人+御付き3人がご来園の際、私がガイドを担当させていただき、庭園散策を楽しんでいただくという貴重な経験をしました。ガイドの現場では、本当に何が起こるか分からず、生涯忘れらない思い出となりました。

 東京シティガイドクラブのほうでも、何かと任されることも多くなり、日々やりがいを感じながら過ごしている今日この頃です。

***NEW! 【2008年8月追加】中島泰子さんから近況連絡が来ました。*********

「一生青春、一生勉強」。この言葉が好きです。

 ガイド試験が終ればすべてが終るものではなく、何かの終わりは何かの始まりで、私の「その後」も終わりのない旅です。毎日が勉強で、何かを追い続ける青春時代のようです。

 今年、私の所属する、東京シティガイドクラブは任意のボランティアガイドグループから、独立法人NPOとして、新たに発足いたしました。

 これからは、旅行関連業界のNPOとして、自分たちから、積極的に社会に貢献するモデルを打ち出そうと、理事長中心に会員一同結束を新たにしたところです。

 私は、光栄にも、5月より、英語グループ・リーダーの大役を仰せつかりました。

 結婚以来ずっと主婦業のままで過ごしてきた自分には、リーダーシップなど微塵もなく、荷が重過ぎることは明らかでした。けれど、「一人ひとりの力は弱く、限りがあっても、みなで知恵を出し、力を合わせると、きっと素晴らしいツアーができて外国人のお客様に喜んでいただけるのではないか・・・。」そんな一心でお引き受けすることに致しました。

 早3ヶ月が過ぎようとしております。

 問題山積状態でスタートした新体制も皆さんのご協力の下、落ち着き始め、この9月には英語グループ・オリジナル・ウォーキング・ツアーの「Tokyo Walks」も始まります。

 東御苑中心のご案内ですが、国交省主催の「ビジットジャパン・キャンペーン」参加の経験を生かし、東京の魅力を満喫していただけるツアーにしようと一同結束して、研鑽の毎日です。

 NHKラジオ英会話から始まった私の英語は、どんな人生を展開してくれるのでしょうか。

 CELで学んだ英語が自分にもたらしてくれたもの、我が人生そのものかもしれません。

中島 泰子


<<戻る