CE通訳ガイドコース卒業生からの活動報告

CELで学べば即戦力

CELで手に入れた【本物の英語力】の基盤!

坂田 茂さん(2014年度合格)

 CELとの出会いは、英検一級一次模擬試験コースから始まりました。その後、Buildup Reading & Listeningコース(現Advancedコース)を受講し、2014年2月に念願の英検一級合格しました。どちらのコースも講義は非常に刺激的であり、英語力は確実に高まったと実感しております。誠に有難うございました。
その後直ぐに、通訳案内士試験に挑戦しました。この時も、もちろんCELの授業を受講し、2015年2月には通訳案内士試験にも合格できました。ガイド団体の新人研修を受け、2015年3月にプロの通訳ガイドとしてデビューしました。以来3年が過ぎようとしていますが、感覚的には既にガイド業務を5〜6年やっている様な感覚に陥る程、充実した3年間を過ごす事ができました。

 ガイドとしての主な活動は、旅行会社から頂く団体ツアー、はとバスでの都内・郊外1日ツアーで、高級ホテルからの依頼による富裕層FITの都内1日ツアーも時々行なっております。

 ガイド初年度は都内・富士箱根・鎌倉・日光・長野・新潟・佐渡までの5〜6日程度の団体ツアーに加え、はとバスの都内英語ツアーをメインに行い、初年度から140日稼働する事ができました。
2年目からは10日前後の日程で日本各地を大型バスと新幹線で移動する団体ツアーの全国スルー・ガイドとなる事ができました。12日間の全国ツアー例をご紹介すると、東京〜長野(松本城〜善光寺)〜富山〜白川郷・高山〜名古屋〜伊勢神宮・鳥羽〜大阪〜鳥取(足立美術館)〜島根(松江城)〜広島・宮島〜京都〜富士箱根〜成田という行程です。広島〜京都の区間で新幹線を使った以外、全て大型バスの移動で走行距離は3,400キロにも及びました。バスでの移動時間が多いので、様々な事柄について臨機応変に1時間程度は楽しく話す雑談力も必要になってきます。

 2017年10月には、はとバスで私が担当した都内一日ツアーに、外国人タレントさんとテレビ撮影クルーが同乗してツアーの撮影を行い、後日、夕方のテレビのニュース番組で訪日外国人特集として放映されました。通訳ガイド業務を行なっていると思っても見なかった様々な事柄を経験できます。

 まだまだスピーキング・リスニング共に改善すべき課題は多いのですが、ツアーの最中にお客様より「あなたの国籍はどこなの?」と真顔で聞かれた事が何度もありました。そういう時には、CELの先生方が常々おっしゃっている【本物の英語力】に少しは近づけたかなと思います。

和風宴会を仕切るのもガイドの仕事


自然な振る舞いでリーダーシップを取りガイド自ら声を掛けて集合写真を撮る


インセンティブ・ツアーにて温泉を楽しむ


イギリスの高校ラグビー・チームと出発前に記念撮影。 みんなリラックスし、これで一体感を得た。


新幹線の車内では(他のお客様の迷惑にならない様に)ワクワク感を演出する


<<戻る